暖冬と言われてましたが、やっぱり冬は寒いです。

寒くなるともとの水の温度が下がります。当然お風呂や家事でお湯を使うと夏に比べるとガスの使用量が増えますよね。

我が家ではやっとでガスを東京電力に切り替えました。

東京電力のガスセット割について、コストメリットやデメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

東京電力のガスセット割りはお得?

東京電力では、2019年1月11日〜4月14日まで初月ガス代半額キャンペーンをやってます。

私はこれが気に入りました。

東京電力さん!!!うまい! 

 

だって、この時期は圧倒的にガスを使いますからね。

この時期に初月の半分をキャッシュバックということは、最も寒い時期の1,2月は我が家では15千円前後のガス代を使うので、7.5千円のキャッシュバックになるからです。

7.5千円は、時期にもよりますが、約1.5ヶ月分くらいに相当するからです。

 

これは、早く決断したほうが得だと思い、速攻TEL。

契約に至ったのです。

気になる東京電力のガス・電気のセット契約内容は?

東京電力のガス・電気のセット契約をチェックしてみると

  • 初月ガス代半額キャッシュバック
  • 12ヶ月間はガス代8%オフ
  • 電気代は1200円オフ
  • 切り替え工事など不要。もちろん東京電力なので緊急時のトラブルも従来通り
  • 設置してから10年以内のガス機器のトラブルはほぼ無料(最大50万円まで無料)

 

という内容。

個人的には、我が家も6年目になったので、ガス器具の故障が出てくるかもしれないので、設置10年以内のガス機器のトラブルを50万円以内なら無料で直してくれるというサービス付きというのもまた良いです。

 

他のガス会社でも保証サービスが付いてますが、有料の会社も多いので、無料保証サービスは魅力的。あまり名の知られていない会社なら怪しいが、なんと言っても東京電力のブランドがあるので安心です。

東京電力のガス・電気はどれくらいお得?

じゃあ、一体どれくらいお得なのか?

我が家では、ガス代を年間80,000円くらい使用してます。

電気はそのまま東京電力。

 

東京電力のガス・電気セット割りの場合、

初年度は8%オフと初月半額キャンペーンがあるので

6,400円+7,500円オフとなるので、初年度は、ガス13,900円お得となるので、ガス代は初年度は66,000円となる。

更に、電気代年間1,200円オフもついてくるので、年間で15,100円お得になります。

15,000円あれば、家族で焼肉を食べに行くことが出来ます。

 

2年目以降

ガス代3%オフとなるので2,400円オフ=77,600円となる。

電気代はそのまま1,200円オフとなる。

年間、3,600円オフとなります。正直微妙です。

 

 

ただし、東京電力の場合、故障時は50万円分の自己負担なしとなるので

タラレバになりますが、故障が相次ぎ自己負担が出ると50万円分得した事になります。

スポンサーリンク

東京電力のガス・電気セット割りのデメリットについても!

東京電力のガス・電気セット割りのデメリットは正直見当たりませんが、もし解約したくなったら解約手数料としてガス540円、電気540円の事務手数料が発生するだけです。

違約金は発生しませんので、ご安心下さい。

 

セット割なので、両方のコストが掛かるので解約する場合は1,080円発生します。

このくらいなら、OK範囲でしょう。

 

デメリットは解約時の事務手数料1,080円だけが発生しますが、初月半額のキャッシュバック&8%オフがあるのでもとは取れるでしょう。

何もしないより契約したほうが圧倒的にお得ということになります。

まとめ

正直、東京電力よりガス電気セット割で格安になる会社もあるでしょう。

特に電気の契約形態は本当にわかり難いです。

 

今回、東京電力セット割りのキャンペーンは、わかりやすかったのと、寒い時期に初月半額キャンペーンは良かったと思います。僕もこれにやられました。

いい機会なので、他の会社だとどのくらいコストダウンになるのか。検討していきたいと思います。

2年目の東京電力の割引は3%になるので、2年目から別の会社に切り替えるという選択肢もあります。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事