単身赴任で気になることの1つに帰省があります。

家族のところにどれだけ帰れるか?って気になりますよね。

まだ小さいお子さんがいる方は、家族にもとに帰る頻度が多ければ多いほど良いです。

家族とのコミュニケーションや子供の成長をしっかりと見たいですものね。

 

単身赴任中の僕が考えた帰省の考え方について、記事を書いてみました。

それでは行ってみましょう。

スポンサーリンク

 

単身赴任で帰省するのは疲れる?

まず、僕の単身赴任先と自宅の状況から、説明すると僕の場合、電車で約3時間かかります。

距離にすると150km弱くらいなので、すべて高速を使うと車で1.5時間、下道だと3時間です。

電車だと半端なく不便なところなので、移動はすべて車です。

高速を使うと当然早いのですが、高速代がバカにならいので、下道を使ったり、深夜料金を活用したりしている状況です。

 

単身赴任をはじめる前は、毎週帰る!!なんて鼻息を荒くしてましたが、実際毎週帰ってみると結構しんどいです。

 

理由は

  • 金曜日夜移動するので、土曜日に疲れが残るし、子供は元気!元気!なのでダラダラ出来ない
  • 日曜日は夕方移動しなければいけないので、日曜日も有ってないようなもの
  • 以上、疲労だけが残り、月曜日から仕事をやるぞ!という気にならない。

 

という理由から、僕くらいの距離の方でも、正直毎週帰省はオススメしないです。

それに、急用がある場合もあるので、帰省頻度は抑え気味にいたほう良いかと思います。

単身赴任で帰省頻度や手当はどれくらい?

僕くらいの150km移動距離で、帰省頻度の理想は2回/月くらいかと思います。

移動で半日以上を使ってしまう人なんかは、1回/月くらいが理想かもしれません。

 

何故かと言うと、初めは、単身赴任って損だと思っていますが、実はそうではなくて、僕自身がやりたかった事に専念出来る時間を与えてもらったと感じているからです。僕にとっては、これがとても大きいと思ってます。将来、大きなリターンが来ると思ってます。

 

断酒を決意したものこれが理由です。

 

費用面で言うと僕の場合、帰省手当が1回/月出て、出張を絡めて帰省することも出来ます。

初めの頃、1回/週帰っていたので、1回あたり、5千円くらいで、月に1〜1.5万程度のマイナスになっていました。これがあまり良くなくて、メンタル面で悪影響が出てきます。(なんで俺だけ、お金を使わないといけないのか・・・など)

 

従って、費用面でマイナスにならなくて、体力とメンタル面に影響がない程度に帰省するのが正しいと思います。毎回帰るではなく、疲れたら休む。集中したい事があれば、単身赴任先仕事に集中するなどといった具合に。

 

自分にとってプラスに成ることに専念してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

気になる家族との関係どうなの?

気になるのがやっぱり家族との関係・・・・

僕の場合は、結構いい感じだと思ってます。逆に家族との絆というか、ありがたみを感じています。嫁はよくやってくれているし、子供たち良い子に育っているのを感じているからです。

 

当然、単身赴任先で、不倫やキャバクラ通いなど、家族に顔を合わせられないような事をしていたら家族関係も崩壊してしまうでしょう。けど、家族にとっていい事になるのであれば、「全く問題ない」と思ってます。

 

単身赴任をして家族にとって良かったこと

  • 家族が赴任先に遊びに来た時に、アパートに寝泊まり出来るので旅行する回数が増えた
  • 単身赴任しなかったら絶対にわからなったところに遊びに行ける
  • 子供にとって旅行は、いい体験。毎回ドキドキしている(笑
  • 赴任先で安くて美味しい食べ物を買って自宅に帰る事が出来る

 

などなど、単身赴任をしないと経験出来なかった事もあります。

単身赴任=悪では無いということです。全てはその人次第という事になります。

まとめ

少し家族には寂しい思いをするかもしれませんが、単身赴任=最悪では無いということです。

中には、キャバクラとかにハマり大金使ったりする人がいます。

それこそ、単身赴任=悪になってしまいますので、自分の時間を沢山頂いた。と神様に感謝しなければいけないかもしれません。

 

僕の場合、帰ろうと思えば帰れる距離。

最高の単身赴任先だと前向きに捉え、単身赴任中にやりたかった事に専念し大きなリターンを得たいと思います。

 

スポンサーリンク

おすすめの記事