こんにちは。

僕もついに単身赴任を2年目に突入しましたが、今回は単身赴任・一人暮らしの生活費をまとめてみたいと思います。

この記事を読むことで、単身赴任でも赤字にならない単身赴任の生活スタイルがわかるようになります。

参考にして下さい。

 

まず、生活費と言っても色々ありますが、

大きく分けると

①家賃

②食費

③交際費

④帰省費

⑤光熱費

⑥スマホ代やネット費用

⑦その他

このくらいになると思います。

それじゃあ、順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク

質問①家賃はどれくらい?

家賃は当然地域によって異なります。

僕の場合、1DKに住んでいるのですが、家賃は駐車場込みで45,000円です。

 

結構安いです。

都内の物件なら10万円はすると思いますが、地方なのでこの程度かと思います。

ちなみに、会社から80%出ているので、個人負担額は9,000円です。

多いか少ないかわかりませんが、正直20%負担とか会社都合で単身赴任しているのに未だに納得してません。

質問②食費はどれくらいかかる?

 

食費はその人によって様々だと思いますが、自炊派の僕の食事はこんな感じです。

朝;ご飯、納豆、味噌汁

昼;手製の塩おにぎり、月に数回同僚とランチ(1回あたり1,000円未満)

夜;自炊、月に数回同僚と食事(1回あたり1,000円程度)

という感じで、ほぼ90%自炊生活です。

 

1回あたり1,000円程度の買い物を週に3回程度行います。

買い物はまとめて買ったほうがお得だと思いますが

僕の場合、週末自宅に帰るので、必要な物をその都度購入している感じです。

あと、買い物がストレス解消になっています。

 

自炊費用は、月間12,000円です。

1回あたり1,000円の外食が月に5回程度あるので、合計15,000〜20,000円の食費となります。

20,000円以下で抑えられているので、合格だと思います。

 

参考までにどんな食生活を送っているかというと

毎朝ご飯を1合炊いて、夜ご飯分はまとめて炊いて冷凍庫に保存。

 

朝ごはん分とおにぎり✕2個を作ります。

「おにぎり作るの面倒くせー」と思うかもしれませんが、毎日のルーチンにしてます。

習慣にしてしまえば、全く苦にならないです。

おにぎりはミネラルたっぷりの石垣産の塩を使ってます。

イチロー選手も毎日カレーライス食べていたことで有名です。

選択肢を減らすことは、脳の負担を減らすことになるので、今日は「なに食べようかなあ」と考えたりすることを極力排除するために、朝はご飯、納豆、味噌汁、昼は塩おにぎりと決めています

 

ちなみに僕はお酒をやめましたが、

もしお酒が加わったら、

500円✕30日=15,000円と酒15,000円+食費20,000円=35,000円になるのできつい生活を送っていたと思います。

もし、お酒を飲む方で生活費が多くて大変という方がいたら、断酒をトライしてみたら如何でしょうか。

断酒は費用面だけでなく素晴らしい効果がありますよ。

スポンサーリンク

質問③交際費はどれくらいかかる?

交際費は、人によって変わるでしょう。

交際とは、世間的な付き合いに必要な費用

という事です。

 

僕らサラリーマンにとって交際費と言えば「飲み会」だと思います。

飲み会と言えば、「歓送迎会」+「定期的にある飲み会」になると思います。

 

繰り返しになるけど、僕はお酒をやめているので、基本飲み会には参加しません。

だけど、歓送迎会や会社の外せない飲み会には、立場上出席しないといけません。

ということで、2〜3ヶ月に1回程度の飲み会に参加していると思います。

その費用は1回あたり、4,000円/2ヶ月です。月に2,000円程度です。

 

まあ、かなり少ないほうでしょう。

同僚の中には、夜の店にはまって貯金を使い果たしたという強者というか、バカ者もいます。

 

人それぞれ色々ありますが、夜のお店やギャンブルにハマるのだけはやめたほうが良いです。

ということで、僕の場合、交際費は2,000円/月程度になります。

質問④帰省費用はどれくらい?

僕の場合、会社から支給される帰省されるのですが、その回数は1.5回/月です。

1回あたりの帰省費用が、7,000円です。

 

月に3回程度、帰省しているので、費用20,000円が発生しています。

支給額が15,000円/月なので、負担額は5,000円/月となります。

 

お金だけを見るとマイナスですが、

子どもたちと過ごす大切な時間なので、お金に変えられないと思ってます。

質問⑤光熱費はどれくらい?

光熱費と言えば、電気、ガス、水道、冬のみ灯油

電気は、1,800円/月(夏はもう少し上がる)

ガスはプロパンガスで2,800円/程度

水道は1回/2ヶ月の請求で、4,800円程度、2,400円/月となります。

冬は、石油ストーブに使った費用5,000円/月

合計すると7,000円/月(冬のみ12,000円)と意外とかかります。

どうせ、自宅にいても使うから同じだろうと思っていましたが、基本料金があるので、トータルで見るとマイナスです。

質問⑥スマホ代やネット代はどれくらい?

スマホ代は単身赴任・自宅通勤のどちらでも発生します。

ちなみに、僕は格安スマホを使っているので10G 3,000円です。

 

アパートのネット代は、無料でついています。

今のアパートには無料WIFIがついているアパートが多いので、この条件は絶対に外せないですね。

ということで、スマホやネット代で単身赴任で発生している費用は3,000円/月です。

質問⑦その他にかかる費用はどれくらい?

その他と言えば、

僕の場合は、アマゾンプライムです。

僕のアパートにはテレビがありません。

 

流石に、たまには映画やドラマが見たくなります。

その時はアマゾンプライムを見ることがとても多いです。

というか、アマゾンプライムがあれば、テレビは不要です。

年間4,900円(月間プランだと500円)で映画、ドラマが見放題、そして音楽聞くことができるのでかなり便利です。

僕は年間一括支払いなので、アマゾンプライムで400円/月費用がかかります。

その他には、

洗濯洗剤、シャンプー、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、食器用・トイレ・お風呂洗剤の費用は、1,000円/月程度です。

その他だと1,500円程度の費用となります。

まとめ

①家賃 9,000円

②食費 20,000円

③交際費 2,000円

④帰省費 5,000円

⑤光熱費 7,000円(冬は12,000円)

⑥スマホ・ネット代 3,000円

⑦その他 1,500円

となります。①〜⑦を足すと47,500円です。

僕の場合、単身赴任手当が35,000円出ているので、約12,500円のマイナスとなります。

 

けど、②食費、③交際費、⑥スマホ代、⑦その他はどこにいても発生するので、14,000円プラスとなります。

僕は節約していると思っていません。

会社の手当によって違いはあると思いますが、こんな感じで生活すれば単身赴任の生活も少しは楽になると思います。

スポンサーリンク

おすすめの記事