Pocket

スポンサーリンク

乃木坂46の2ndアルバム「それぞれの椅子」に収録され神曲「きっかけ」をMr.childrenの桜井和寿さんがジュンスカイウォーカーズ寺岡呼人主宰のライブイベントでカバーしたと話題。この歌を作詞作曲したのが音楽プロデューサー杉山勝彦さんです。杉山勝彦さんの曲、出身地、USAGI、お兄さんについても調べてみました。

杉山勝彦さんが音楽を提供したアーティストが凄い

杉山勝彦 乃木坂46 きっかけ ミスチル 桜井和寿 カバー
出典元;杉山勝彦Twitter

1982年1月19日生まれで埼玉県入間市出身、早稲田大学理工学部建築学科を卒業、2007年に嵐の「冬を抱きしめて」で楽曲を提供し楽曲提供を開始。

ジャニーズ

嵐3 曲、KAT-TUN、Hey say Jump各1曲

AKB48 7曲、前田敦子、渡辺麻友、板野友美各1曲、乃木坂46 8曲、SKE48、HKE48各1曲、私立恵比寿中学4曲

中島美嘉、西田敏行、May J、中川翔子等にも提供。

趣味の園芸や入間市駅の発着メロディーも提供しているから、多岐にわたって活動している音楽プロデューサー。

杉山勝彦さんは、音楽を作る時のこだわりが作詞してから曲を作るというから凄い。

ちなみにミスチルの桜井さんは鼻歌で作るからこちらもかなり凄い。

杉山勝彦さんの音楽への想いが凄いし感動する

杉山勝彦 乃木坂46 きっかけ ミスチル 桜井和寿 カバー
出典元;杉山勝彦Twitter

提供した音楽がtop10入りするなど、誰もが羨む大成功を作曲家として大成功を納める。

けど、子供のころから夢だったアーティストになりたかったが、杉山勝彦さんにはアーティストになる自信がなく、諦めかけていた。

ある時、運命の糸が2人を引き付けることになった。上田和寛が上京しストリートライブをしていた時、たまたま杉山勝彦さんが近くを通りかかった時に、上田和寛さんの歌声を聞き、感動!一緒に音楽をやることになった。

これがUSAGIの始まり。

2人の情熱が磁石となって引き寄せたんだろうなあと思う。

一見、杉山勝彦さんのほうが、成功者で、上田和寛さんをプロデュースしているって感じていたのですが、2人の出会いを知ると、バカな事を考えていたなあって思います。

失礼でした。

2人ともお互いに無いものを補い合っていて、いい意味で最強のコンビって感じがとてもいいなあと思います。

杉山勝彦さんのお兄さんが凄い人

スポンサーリンク

お兄さんは杉山昌広さん(東京大学政策ビジョン研究センター 講師)という方らしい。杉山勝彦さんがTwitterで兄の論文がNatureという雑誌に掲載されたのでシェアとツイートしていました。

「東大、日本の分野横断型エネルギー・環境研究の改革の必要性に関する政策を提言」という内容らしいが、内容はさっぱりわからないですが、東日本大震災の教訓を活かし、エネルギーや環境に対する研究の根本を変える必要があると提言しているようです。多分ですが、間違っていたらすいません。

この論文が世界で最も権威のある雑誌「Nature」に載ったといので、凄いですね。

スポンサーリンク