スペースワールド スケート場 魚 5千匹 生きていた 展示目的 衝撃画像

出典元;http://www.geocities.jp/

福岡県北九州市にあるスペースワールドがなにやらネットで大炎上。

「悪趣味としか言えない」「生命に対する冒涜!」等など、なんだか、いい雰囲気ではない。

色々見ていくと目を疑う光景があった「氷の水族館」とういう演出でスケートリンクに5000匹の魚が氷漬けにされていた。

運営しているスペールワールドは「前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違い無し」と自信満々。

確かに、こんなヒドイことを堂々とやる遊園地は世界初で前代未聞かもしれない。

とくにFacebookコメントには絶句物でした。

人道的ではない出来事が起こっているので、スペールワールドがこのような展示をした目的と実際の画像やネット反応をまとめてみました。

それでは行ってみましょう!

「スペースワールド」の会社概要と所在地は?

スポンサーリンク

とりあえず、スペースワールドってどんなところ。

会社名 株式会社スペースワールドです。

所在地 福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1番1号にあります。

テーマは宇宙で駐車場含む設置面積は240,000m2で東京ドーム18個分の広さというからかなりデカイ。

まあ、もともと新日本製鐵八幡製鐵所でなんでもユニーバサルスタジオの候補地でもあったらしいですよ。

へ〜です。

営業開始 1990年(平成2年)4月22日なのでユニバーサル・スタジオジャパンの1年後に開園。

チケット代

フリーパス 大人(中学生~59歳)4200円、小学生 3150円、キッズ(4歳~未就学児)1050円、シニア(60歳以上)2100円

一般的なテーマパークと同じ価格帯です。

スペースワールドのスケート場に氷漬けの魚!言葉を失う光景が広がっていた!

スペースワールド スケート場 魚 5千匹 生きていた 展示目的 衝撃画像

出典元;facebook

 

絶句、悪趣味と言う言葉が良く似合う。

facebookにはスペースワールド側からのコメントに「おっ・おっ・・・溺れる・・・・くっ・くっ・苦しい」と

「ジンベイザメ・・・デカっ」とあった。

生命がないといはいえ、魚に対し失礼極まりない対応に呆れますよね。

スペースワールド スケート場 魚 5千匹 生きていた 展示目的 衝撃画像

出典元;facebook

その氷漬けの魚を作業時の画像までもfacebookにアップしていた。

やらさせているバイトらしき女の子も可哀想。

こんなのオカシイと当然のように思っているはずです。

facebookコメントには

これ生きていたの?それともどうなの?

命の尊さも考えずこんなレポート正気の沙汰

生き物で遊んでたのしいですか。

アミューズメントも行き詰まると経済活動のために生き物を使うんですね。

運営しているスペールワールドは「前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違い無し」と意味不明に自信満々。

自信満々の運営側に対しネットの反響は真反対なのは当たり前、この上をスケート靴使って滑るんですからオカシイでしょう。

それに、転んで生くさい匂いとかが洋服に付いたらやだよね。

絶対滑りたくないって思います。

スペールというだけあって、宇宙をテーマにしたテーマパークでこれをやるのは意味がわからないですよね。

氷漬けの魚は生きていた?展示目的は?

スポンサーリンク

氷漬けされた魚は、生きていた魚でななかったようです。

もとも規格外の魚で鮮魚店に利用方法を説明し納得をしてもらったもの。

ジンベイザメやサメのような大きな魚は写真を等身大に引き伸ばして氷のしたに埋め込んだようです。

それりゃ、サメとかは無理でしょうね。

展示目的は、生き物に触れて欲しいという意図からこのような対応をとったようですが、氷漬けにされたら触れる事出来ないだろうと思いまし、触れる意味があるように思えません。

本当に触れてほしいと思うのであれば、しっかりと生きた魚を飼育すれば良いですからね。

なんだか、理由が後付のような気がします。

ただ単に話題性を出したかっただけのような気がします。

スポンサーリンク

おすすめの記事