私は、冬にガスの明細書を見る時はクレジットカードの明細書を見るように恐る恐るみます。

プロパンガスって本当に高いですよね。

だからと言って、お風呂とかの温度を下げると寒いし、一日の疲れを取るお風呂だからケチりたくないですよね。

ということで、プロパンガスの節約方法その中でも、特にお風呂やシャワーに関しての節約方法をまとめてみました。

参考にしてください。

スポンサーリンク

プロパンガスの節約はやっぱりお風呂が一番だよ!

お風呂好きの方にとっては、本当に残念な結果かもしれません。

プロパンガスの使用量で家庭で占める割合が最も大きいのがやっぱりお風呂&シャワーです。

 

 

その割合がなんと、4分の3も占めると言われています。(@_@;)

確かに、お風呂で使うお湯の量は多いですよね。

 

特に冬は、56℃くらいの水 200リットルを42℃ぐらいにするのですから、ガス代がかかりますよね。

ですので、ガスの使用量、つまり、ガス代を節約は、お風呂・シャワーの節約と思ってください。

お風呂やシャワーでガス代を節約する方法あるの?

では、ガス代の多くを占める、お風呂やシャワーを節約するのはどうすればいいのでしょうか。

究極は、入らない!って不可能な事はなしにして

 

実際、どうするかというと

 

レ お風呂をためず、シャワーを使う。一人暮らしならOKだね。

 

レ 子供とならいっしょに入る、連続してお風呂に入る。追い炊きがいいとか、足し湯がいいとかありますが、いずれにしろいっしょに入ったり、連続して入るのは間違いなく節約になります。

 

レ お風呂に溜めるお湯の量を減らす、温度を下げる。すこしぬるいお湯で半身浴、体にもよさそうですね。

 

レ ふたをこまめにする。

 

レ シャワーを減らす(短くする)。節水シャワーにする。結構シャワーでのお湯の使用は大きいですので、結構ききます。お風呂最後の人は、風呂にたまったお湯を浴びれば、シャワーが少なくてすみますね。

 

 

小さなかことからこつこつと!塵も積もれば山となる!これがポイントなのですね。

その他の節約方法はこれ!

プロパンガスを使用するのは、お風呂の次に、料理のウェイトが高いです。

 

料理のポイントは、

野菜など長時間湯がく場合は、電子レンジをつかえばすぐに柔らかくなります。

中火の使用が、効率が一番いいです。

 

しかし、これ以外に、実は節約というか料金が安くなる方法があります。

それが、プロパンガス会社の変更です。

 

 

プロパンガスは自由料金なので、ガス会社によって値段が違います。

ですので、契約している会社を変えるだけで、値段が安くなる可能性があります。

最後にまとめ!

プロパンガスの最も使用割合が高いのが、お風呂とシャワーです。

お風呂をためずシャワーだけにする、お風呂の湯量を少なくする、お湯の温度を下げるなどがあります。

おすすめは、「一緒に入る連続して入る」、です。

これなら、ゆっくりしたいお風呂の効果をそこなわずにすみますもんね。

 

料理での使用料はそれほど大きくないのですが、電子レンジの併用などすれば効率的に料理もできます。

最後に、プロパンガス会社を変えるだけで、ガス料金が安くなるかもしれないことを書いておきます。

⇒プロパンガスの切替に興味がある人はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事