家庭で使っているガスは、プロパンガスと都市ガスに大きく分かれます。

都市ガス?プロパンガス?って言うけど、そもそも何が違うの?って疑問に思いますよね。

 

どちらもガスはガスですが、この二ついろいろと違いがあるのです。

もちろん、料金も違います。

そこで、この二つのガスの違いと料金を比較しました。参考にしてください。

スポンサーリンク

 プロパンガスと都市ガスにはどんな違いがあるの?

プロパンガスと都市ガスの違いをまとめてみました。

原料は?

プロパンガスはプロパン、ブタンを主とする、液化石油ガス。

一方、都市ガスはメタンを主とする天然ガス。覚えておく必要はないでしょうが。

 

供給方法は?

プロパンガスはボンベに入れて運ばれます。

都市ガスは、水道水みたいに導管を通って、各家庭などに送られるます。

ですので、プロパンガスは手間がかかります。ちなみにボンベの中ではガスが液化しています。

 

性質は?

プロパンガスは空気より重く、都市ガスは空気より軽い。

それが?って思うかもしれませんが、実はこれ意外と大事なのです。

ガス警報器も、都市ガスは天井や上の方につけますが、プロパンガスは下の方につけます。

万一ガス漏れをした場合も、都市ガスは上昇するので空中に出やすいのですが、プロパンガスは低い方へ行くので、窓をあけてほうきで掃き出す必要があります(実際、掃き出すことはないでしょうが)

 

火力は?

プロパンガスの方が同じ体積で都市ガスより熱を出すことができます。

しかし、火力は、ガス機器に合わせますので、同じガス機器なら同じ火力になります。

 

災害の時の復旧は?

地震に水害に多くの天災が起こっていますが、復旧の仕方も違います。

プロパンガスは各1戸単位で安全であれば復旧可能です。

ですので、田舎で災害が起こってもガスの復旧が早いのはこのためです。

都市ガスは、導管の検査が必要ですし、数千軒単位で対応が必要です。

そのため、時間がかかることがあります。

 

導入コストは?

どちらも新築時などには配管工事が必要ですが、特にプロパンガスは注意が必要です。

というのは、新築時の工事費が、その後の毎月のガス料金に上乗せ(分割払い)になっていることが多いのです。

契約を確認しないといけません。

 

一見、都市ガスのほうが良いなあと思いがちですが、天災のときの復旧のスピードはプロパンガスの方が早いです。

お互いいい面・悪い面というのはあるんですね。

スポンサーリンク

プロパンガスと都市ガスの料金の違いはどれくらい?

いろいろな違いがあるプロパンガスと都市ガスですが、料金も違います。

一般的に、プロパンガスの方が都市ガスに比べ、1.52倍ぐらい高いのです(経済産業省より)。

都市ガスが公共料金であるのに対して、プロパンガスは自由料金です。

したがって、プロパンガスは料金の違いが大きくなります。

 

 

さらに、プロパンガスは輸送しないといけないので、都会では輸送距離が短く安くすみますが、例えば北海道などは輸送コストが高くなります。

また、都市部ではプロパンガス会社の競争も激しくコストが下がる傾向にあります。

だから、東京と北海道などでは、3割近く料金が違います。

 

もちろん、都市ガスでも、最近は電気とセット割引などが多くできるようになっていることもあり、値段が変わるようになっています。

ですので、1.5倍から2倍といっていますが、場所(契約)によっては、プロパンガスと都市ガスの値段があまり変わらないところもあります。

 最後にまとめ!

プロパンガスと都市ガスの違いをまとめてみました。

 

・供給方法:プロパンガスがガスを入れたボンベを1戸づつ配送、取り付けるのに対して、都市ガスは導管を通じて供給。

・重さが違う:プロパンガスは空気より重く、都市ガスは軽い。よって、警報器の位置も違う。

・復旧方法が違う:都市ガスは数千軒単位で確認が必要。一方、プロパンガスは各戸で確認できれば使用可能。

・料金:一般に都市ガスの方がプロパンガスより安い。

 

 

 料金は、プロパンガスは自由な値段ですので、ガス会社変更などの見直しができます。

都市ガスでも電気とセット割引があったりするので、見直しが可能です。

どちらも、一度、検討してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事