千葉県流山市でひらかれる流山花火大会、夏の終わりの花火大会です。

会場の江戸川の反対側でミナトサマーフェスティバル花火大会と同時開催ということもあり、大規模な花火大会になります。

花火もさることながら最大の特徴は花火と音楽のシンクロです。

なかなか他にはないユニークな花火大会です。

 

今年2018年は825()に開催予定です。

毎年15万人以上もの人が見物するともいわれてるのですから、当然混雑もします。

そこで、流山花火大会の穴場と有料席、そして駐車場をまとめてみました。

参考にしてください。 

スポンサーリンク

流山花火大会のおすすめ穴場5選について

まずは、流山花火大会のおすすめ穴場を紹介します。

1.イトーヨーカドー流山店

なんと無料開放してくれています。

しかも、花火の打ち上げ場所からも近く、迫力いっぱい花火が楽しめます。

 

もちろん、トイレも近くにありますし、イトーヨーカドーさんで飲み物食べ物も購入できます。

本当に、イトーヨーカドーさんに感謝です。

2.ヨークマート流山店

花火鑑賞のために無料開放しているわけでは無いのですが、打ち上げ地点から見やすい場所にあります。

当然トイレも近いですし、食べ物、飲み物も困りません。

ただシートはひけないですよ。

3.流山橋周辺 平和台駅

花火会場から少し離れますが、その分混雑が減ってきます。

そのため、比較的遅い時間にでも場所を確保することができますので、ゆっくりと花火が見れますね。

橋まで行かなくても、その周辺(手前)ぐらいになると、スベース確保できる場所がありますので、探しながら行ってもらえばと思います。

4.三郷市側の公園や農道

三郷市は川の反対側になるんですが、公園や農道なども多く、ゆっくりと見ることができます。

江戸川運動公園がおすすめです。そこがいっぱいなら、早稲田公園もありますし、その辺にはスペースがあります。

 

ただ、そこまでくると地元の人には良いのですが、知らない人には、トイレや飲み物、食べ物の確保が少し難しいかもしれないので、その点は注意してください。

以上が、おすすめの穴場です。

 

ただし、穴場と言ってますが、結構メジャーな穴場になっているのでやはり早めに行くことをおすすめします。

5.江戸川河川敷(花火大会公式鑑賞エリア)

穴場を紹介しましたが、大会の公式鑑賞エリアも、少し離れたとこになると、確保できるようです。

もちろん、打ち上げ場所の近くですので迫力も満点です。

ただ、他の穴場よりも混雑はしていますので、混雑してもいい、少人数の人にのみおすすめとなります。

もちろん早めに行って下さい。

スポンサーリンク

流山花火大会の有料席のチケットは?

流山花火大会に有料席があります。

やはり、お金を出すだけあってメリットはあります。

当然ですが、近くで大迫力の花火が見れます。

そして、ゆっくり行くことができるので、混雑がましになった時間から行っても大丈夫です。

これは意外と大きなメリットです。

 

お金がある方、奮発しようと言う人には、有料席をおすすめします。

2018年分は71日から発売開始予定とのことです。

昨年までの情報をまとめます。

グループ席612,000

ペア席7,000

S席13,000

A席11,500(自由席)

 

なお、座席の場所(番号)を指定できないので、複数で行く場合は、グループ席やペア席を購入しましょう。

グループ席で6人集まらなく5人であっても、一人当たりはS席よりも安くなります、友達を集めたりして購入してください。

当日券もあまりがあればあるそうですが、早めの購入をおすすめします。

 

販売は市役所やローソンなどの店頭、インターネットのチケットぴあであります。

絶対におすすめです。

流山花火大会の駐車場は?

流山花火大会には駐車場がありません。

公式ホームページにも書いていますが、当日は会場周辺が交通規制になりますので、電車、バスでの移動が基本となります。

平和台駅、流鉄流山駅から徒歩5分(混雑してるのでもう少しかかる)

流山セントラルパーク駅からは、無料シャトルバスがあります。

東部バスとか京成バスもあります。

当然、どれも混雑しています。

 

車で行きたいと言う方は民間の駐車場があります。

 

イトーヨーカドー流山店、ミスターパチンコ流山店。ただし、早めに行かないと混雑します。

おおたかの森ショッピングセンター 少し離れています。

その他、少し離れた駅にも駐車場があります。そこまで行って止めて、そこから電車かバスで行くと言う方法もあります。

 

いずれにしろ混雑することは間違いありません。

早めに行って少しゆっくり帰るのが基本です。

まとめ

流山花火大会は夏の終わりごろに開催される、花火と音楽の融合が特徴的な花火大会です。

毎年15万人ぐらいの人が訪れ、当然混雑します。

 

オススメは有料鑑賞席。

迫力ある花火をゆっくりと見ることができますよ。

でも、東京の花火大会に比べると混雑はマシで、穴場スポットもあります。

駐車場がなく電車やバスでの移動が基本になりますが、穴場の駐車場もあります。

もちろん穴場といってもだんだんと人気が出てますので、早めに行くことをおすすめします。

そして迫力ある花火を楽しんでください。

公式HPはこちら

http://www.city.nagareyama.chiba.jp/tourism/1013059/1013060.html

スポンサーリンク

 

おすすめの記事