GWが明けると残念ながら国民の休日がないので、ため息が出てしまいますが、

1ヶ月ガマンすると待ちに待った7、8、9月は夏休みシーズンです!!!

 

学校は長期休み、企業は長期休暇取得推奨ということで、

この時期が旅行のピークであることはいうまでもありません。

 

一昔前までは、ほんの少しサイズオーバー・重量オーバーしてしまっても

通してくれることもあったようですが、規制改定によりチェックがよりシビアになっています。

 

搭乗ギリギリになって預かり手続きになってしまってはバタバタしてしまいます。

特に羽田空港における繁忙期の荷物カウンターは長蛇の列だし旅行へ行く前に

是非、機内に持ち込み可のサイズを確認しておきましょう。

スポンサーリンク

機内持ち込みできるサイズについて

日本の国内線においては、飛行機の総席数でサイズが変わってきます。

と言ってもたったの2通りですが。

 

・100席以上の機体 スーツケースの3辺合計が115センチ以内(55×40×25)

 

・100席以下の機体 スーツケースの3辺合計が100センチ以内(45×35×20)

 

ここで注意が必要なのは3辺合計(①+②+③)が115センチ以内という点です。

55×45×25センチのスーツケースを選んでしまうと辺の合計が

120センチになってしまいますので、アウトです。

各辺の長さをギリギリにするのではなく、少し小さめサイズを選ばなければなりません。

 

でここで疑問ですよね。

自分が載る飛行機が、100席以上なのか、それとも100席以下かです。

そんなの飛行機を予約した段階でお知らせしてくれよって感じですが、

そんな機能があると聞いたことがないので、各自調べないといけないですね。

 

ちなみにJALの場合、

数字から始まる機体は100席以上、アルファベットで始まる機体は100席以下。

 

ANAも同じで、

数字から始まる機体は100席以上、アルファベットで始まる機体は100席以下。

 

あとでバタバタしないよう簡単に調べられるから、

しっかりとチェックしようね。

スポンサーリンク

国内線で機内持ち込みできる重量について

まずは、ANAだとハンドバックや手荷物、そしてスーツケースで10キロまでとなっています。

 

個数にも制限があって、これらの2つまでを持ち込むことができます。

スーツケース1個、身の回りの荷物2個で、たとえ10キロ以下に収まってもダメみたいです。

そしてこれは、JALも同じだよ。

 

ちなみにLCCをチェックしてみると

ジェットスターは7kg以下(手持ちバック+スーツケース)

ピーチも10kg以下(手持ちバック+スーツケース)

とジェットスターは厳しい。

 

ここでまたまた疑問。10kgって一体どれくらい?

10kgまでってサラリと言われてもわかんねーっていうのが正直なところ

ということで、重さをいろいろチェックしてみました。

 

スーツケース 3kg

PC(MACで測定) 1.5kg

ipad 0.5kg

ユニクロパーカー 0.3kg

Tシャツ 0.15kg

スーツ 1kg

靴下 0.1kg

下着 0.1kg

ジーンズ 0.5kg

Nintendo3DS 0.4kg、

本 0.5kg 

合計=8kg

 

合計8kgとなるので、結構キツイです。

本をもう1冊持って行ったり、帰りはお土産もあると思うから

2泊3日の旅行で機内に荷物を持ち込むのは厳しいかもしれませんね。

そんなときは、吊り下げ式デジタルスケールなんかを持っていたら安心かもしれませんね〜

持ち込めないなら預けるという選択肢があるけどね。

 

泊数別でオススメしたいスーツケース選び!

我が家のように1泊2日でも、

ビックリするくらい荷物が多い人もいれば、

スーツケースなんて要らないくらい荷物が少ない人もいるので

 

荷物の量は人によって大小あるし、季節によっても全然違いますよね!

なので、これがベストサイズ!という事にはなりませんが、

目安としてご紹介したいと思います。

 

目安としては1泊=10Lだそうです。

なので

1~2泊 Sサイズ 20ℓ~25ℓ(重量2キロ~2.5キロほど)

2~3泊 35ℓ~40ℓ(重量2.5キロ~3キロほど)

3~5泊 50ℓ前後(重量3キロ~3.5キロほど)

おすすめしたい!スーツケースのランキング

1位 GRIFFIN LAND ¥6980(込)

「軽くて剛い」がキャッチコピー。13ものカラー展開も魅力的。

オーソドックスな色だと他の人と被るけど、これなら人とも被りにくい。

もちろんダブルファスナーです。

 

2位 LEGEND WALKER ¥9700(込)

14ものカラー展開。

パステル色が多く女性にも嬉しい。

壊れにくいロックやキャスター、コーナーパッドの設置など、

ワンランク上の機能を備えたキャリーバック。

 

3位 サムソナイト コスモライト ¥29800(込)

大人気のコスモライトから計量シリーズが登場。

スタイリッシュかつ先進的なデザイン。

スポンサーリンク

まとめ

スマートでスムーズな快適旅の為にも、スーツケース選びは重要ですよね。

 

3泊くらいまででしたらあまりサイズや重量などを気にしなくていいとは思いますが、

小型機に乗る可能性がある時や5日以上の長期旅行へ行くときなどは、

注意しなければなりません。

 

持ち込みできず無駄な手続きやお金が発生する前に、

今一度確認しておきましょう。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事