古河花火大会は、都内から電車で1時間少し!茨城県古河市で行われる花火大会。

打ち上げ場所は河川敷にある古賀ゴルフリンクスというゴルフ場ということで、

花火大会にしては珍しい打ち上げ場所となっております。

 

同じ茨城県内の1位である土浦花火大会に続く2位の花火大会ですが、

土浦花火大会は10月に開催されるので、夏開催で言えば、古賀花火大会が1位になりますね。

毎年20万人もの来場者が訪れますが、古河市の人口の14万人を軽く超える来場者になっております。

さらに打ち上げ数は2万と、花火大会の中でも圧倒です。直径650mの「三尺玉」は見どころです。

今回はそんな古賀花火大会の穴場スポットや穴場駐車場、混雑情報や屋台情報をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

古河花火大会の日程やアクセス方法

2018年古賀花火大会の日程は、8月4日(土)に開催されます。

打ち上げ時間は19:20~20:30となっており、雨天の場合は翌日に延期となります。

屋台は昼頃からびちぼち開きはじめ、夕方16時頃にはほとんどのお店が出そろいます。

アクセスは、

JR宇都宮線・上野東京ライン古河駅から徒歩20分、東武鉄道新古河駅から5分、東北道路館林ICから車で20分です。

古河花火大会の穴場スポットは?

有料席数はたったの500区間!(2000名分ほど)。

打ち上げ場所付近にがっつりと有料席が設けられている訳ではないので、

無料で案外近い場所でも花火を観ることができそうですね。

早い段階から場所取りが始まりますし、混雑もします。メインの場所取りスポットは渡良瀬川の土手です。

 

オススメの穴場スポットをみてみましょう。

■イトーヨーカドー古河店

〒306-0004 茨城県古河市雷電町1−18

打ち上げ場所から反対方面に10分、距離にして2kmほどのところにイトーヨーカドー古河店があります。

駐車場も使えて買い出しやお手洗いの心配もしなくていいので、大迫力の花火は見られませんが、オススメの場所です。

 

■イオン古河店

〒306-0012 茨城県古河市旭町1丁目2−17

打ち上げ場所からは少し遠いですが、こちらもヨーカドー同様、駐車場完備、買い出しやお手洗い完備の為、オススメです。

古河市は特段高い建物がないので、花火を遮るものもありません。

少し遠くなりますがばっちり奇麗に見えます。

 

■渡良瀬川の土手の奥の方

メインの場所取りスポットは渡良瀬川の土手ですが、

打ち上げ地点から奥に置くに進んでいくにつれ、込み具合も緩和されていきます。

開始直前でもレジャーシートを敷くスペースが余っているほど。

レジャーシートの準備が必要です。

新古河駅の方にはあまり屋台が出ていないのが難点です。

会場に着く前に買い出しを済ませておきましょう。

 

■道の駅 まくらがの里こが

〒306-0111 茨城県古河市大和田2623

茨城県で一番大きな道の駅です。

地元食材を使ったフードコートなど、楽しめる場所がたくさんあるのがポイント。

早めに行って、道の駅散策をするのも良いですね。

古河花火大会の穴場駐車場は?

電車が2線通っており、駅から歩ける距離にあるので、電車でアクセスが1番手っ取り早いのですが、

古賀花火大会は無料駐車場が計2,000台分も完備。茨城の広大な土地ならではですね。

 

■古河第一小学校 250台

〒306-0033 茨城県古河市中央町3丁目10−1

打上げ場所まで1.5kmで徒歩20分くらいです。

 

■古河第二小学校 250台

〒306-0023 茨城県古河市本町2丁目10−45

打上げ場所まで2.2kmで徒歩20分くらいです。

 

■古河第三小学校 250台

〒306-0012 茨城県古河市旭町1丁目18−4

打上げ場所まで徒歩3.4kmで徒歩50分です。

 

■古河第六小学校 150台

〒306-0005 茨城県 古河市北町16−47

打上げ場所まで徒歩4kmで徒歩50分です。

 

■市役所古河庁舎 200台

〒306-0034 茨城県古河市長谷町38−18

打上げ場所まで2.2kmで徒歩25分くらいです。

 

■古河総合公園 600台

〒306-0221 茨城県古河市駒羽根620

打上げ場所まで3kmで徒歩40分くらいです。

 

■福祉の森会館 300台

〒306-0044 茨城県古河市新久田271−1

打上げ場所まで4.5kmで徒歩50分くらいです。

 

■イオン内古河店

〒306-0012 茨城県古河市旭町1丁目2−17

打上げ場所まで3.5kmで徒歩40分くらいです。

 

■イトーヨーカドー古河店

〒306-0004 茨城県古河市雷電町1−18

打上げ場所まで3kmで徒歩35分くらいです。

 

混まない穴場駐車場を探すまでもなさそうです。

古河第一小学校、第二小学校、市役所古河庁舎がアクセス的には良いです。

古河総合公園は会場から少し離れてしまいます。

 

また、駅周辺に有料のコインパーキングもありますが、こちらはすぐに埋まってしまうようです。

 

隣の駅の駅周辺の駐車場も穴場。

隣駅に停め、そこから電車で来る方法も人気!

帰りの事を考えると電車で最寄り駅まで来て、

駐車場を探す時は、akippaとか使うと便利です。

 

いずれにせよ、帰りの時間帯は大混雑して車が中々動かないので、

遠方から来る方は、帰りが結構遅くなってしまうことは視野に入れておきましょう。

スポンサーリンク

古河花火大会の屋台は?

 古賀花火大会の屋台数は100店舗ほどだと言われています。

さらに新古河駅の方にはほとんど屋台は出ていません。

20万人の来場者にして100店舗は少なめかもしれません。

古河駅から会場までの道にずらっと屋台が並んでいます。

会場周辺にもたくさん出店しているので安心です。

■あんみつソフトクリーム

■かき氷

■ビール

■冷やしパイン棒

■ラムネ

■りんご飴

■イカ焼き

■まぐろ唐揚げ

■串焼き

■フラッチェ

■ホットドッグ

■唐揚げ

たくさんのインスタ投稿から調べてみましたが、あげられている写真より、このくらいの商品が確認できました。

他にも王道の屋台もたくさんあると思います。

屋台だけではなく、ヨーカドーやイオンがあり、

食品売り場では花火大会セットなども発売されているので、そちらもぜひ活用したいですね!

まとめ

いかかでしたでしょうか。

夜空の万華鏡と言われている古河花火大会。

都心からも近くアクセスも良く、そこまで混まず十分な駐車場や場所も完備されているので、

是非行ってみたい花火大会のひとつですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事