5月5日のこどもの日が近づいてきましたね。

こどもの日と言えば、アレですよね。

 

アレと言えば、こどもの日の兜です。

 

わが家も2人とも男の子なので、モチロン兜を飾っています!

今年も毎年のように、土日で天気が良い日に飾ろうと思ってますが、

一体、いつ飾るのが良いのか????

そして、いつ片付けるの良いのか???

 

考えた事がなかったです。

親からも早くしまいなさい!!(怒

 

言われて事なかったので、全く気にしなかったのですが、

せっかくの機会なので、子供にとって一番良いやり方で

兜を飾る時期や意味そして、飾り方について調べてみました。

スポンサーリンク

こどもの日の兜はいつからいつまで飾る?

こどもの日の兜をいつからいつまで飾るのか?というと

戦国時代や江戸時代くらい前の昔は、子供の父親や祖父が飾るものだったようですが

今はそこまでこだわっていないとのことです。

 

4月中旬くらいまでには飾ればいいようなので

天気が良くて気持ちが良い日に飾ればいいですね。

 

飾った当日や次の日にでも

両親や仲の良い友達を集めて、縁起物でご馳走すると良いようです。

 

こどもの日の縁起物って何??って思いますけど

やっぱり鯛?って思って調べてみると、

こどもの日の縁起物されているご馳走は、

出世魚と言われている鰤(ブリ)や鱸(スズキ)

食べてお祝いをすると良いとされていますね。

 

ちょっと話が脱線してしまいましたが、

兜を片付ける日も飾ると時と同じように

女の子の雛人形のようにいつまでに片付けなければ、

 

結婚出来ない!とか

出世出来ない!とか

そんな事はないというので

 

5月5日が過ぎたら、兜や飾りをキレイしてから

あまり遅くならない程度片付けてくださいね。

こどもの日の兜を飾る意味や飾り方についても!

ところで、兜を飾る意味ってご存知ですか。

今回を機に調べてみました!

 

昔は、鎧や兜を来て戦に行ってましたから、戦から自分の身を守る鎧や兜を飾り

鯉のぼりを上げて、子供の成長や出世を願ってお祝いをしていたようです。

 

今は、戦なんて全く無縁の時代ですけど

子供が戦に行くことが当たり前という時代があったというのは複雑ですね。

 

ちなみに、飾り方は

向かって右が、弓矢。

弓矢には病気や災難に合わないようにという意味がこめられていて

お守り代わりになると言われています。

そして、左側が刀です。

刀は、身を守ってくれるという意味がこめられていますし

刀は左手で持って右手で抜きますからね。

まとめ

こどもの日に兜を飾る日や片付ける日に決まりはありませんが

飾る日は、4月中旬以降

片付ける日は、5月5日以降ということになります。

 

兜や鎧は、こどもを守りたいという親の願いと健やかな成長

そして、出世を祝う日なので

家族や両親、仲の良い友達と一緒に子供の成長をお祝いするといいでしょうね。

 

みんなで楽しいこどもの日を迎えましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事