ANA、JALの国内線と国際線で機内持ち込み禁止事項に関してまとめてみました。

旅行や出張でも飛行機に乗ることが多い思いますが、

その時に悩むのが、やっぱりこの荷物は飛行機に預けていいのか、

それとも持って乗らないといけないのかです。

そこで、最大手の航空会社ANAとJALの国内線と国際線で

機内持ち込みの禁止事項について解りやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

ANAの国内線の機内持ち込み禁止事項に関して

 ANAの国内線の機内持ち込み禁止事項について簡単にまとめてみました。

持ち込める荷物の重さは10kg以内ですが、

サイズは100席以上の飛行機では縦横高さの合計が115センチ以内、100席未満の小さな飛行機では100センチ以内となっています。ですので、小さな飛行機に乗るときは注意が必要です。

 

持ち込める荷物は、

上記の1個とハンドバックやカメラなどの身の回りの品です。

つまり簡単に言うと、中型の荷物1つと小型の荷物一つの合計2つは

持ち込み可能と言うことです。

 

次に、持ち込みができるのですが注意が必要で、

よく持ち歩く荷物に関してまとめてみました。

 

まずはライターですが、

使い捨てライターのような普通のライターなら一つなら機内持ち込み可能です。

喫煙者にはありがたいですね。

ただしオイルタンク式ライター等は機内への持ち込みも

お預かりもできませんので注意してください。

 

次に女性には必需品の化粧品類ですが、

小さければ持ち込みが可能で、

1個あたり0.5リットル(0.5キログラム)

1人あたり合計2リットル(2キログラム)まではオッケーです。

女性にとってありがたいですね。

また、ヘアアイロンも大丈夫ですし、電気シェーバーもオッケーです。

 

ただし、小さいからといって

塗料やスポーツ用品に使うワックスなどは

持ち込みができませんので気をつけてください 。

その他、食べ物や飲み物も持ち込み可能で、

パソコンや電子ゲームなどの電子機器は預けるより持ち込みの方がお勧めです。

ただし、バッテリー等は持ち込みができないものもありますので、

特に大きなバッテリーを持っていく人などは確認してください。

 

持ち込めないものとしては、

ナイフやハサミ類、ゴルフクラブやバット、工具類などがあります。

これらは、預けることが可能なので、必ず預けましょう。

もちろん、これらの荷物を持っていれば保安検査場の時にの時に引っかかりますが。

スポンサーリンク

JALの国内線の機内持ち込み禁止事項に関して

JALの国内線の機内持ち込み禁止事項に関して、

基本的には、ANAと同じです。

 

持ち込み可能な荷物の重さは10キロ以内で、

大きさも通常の飛行機では115センチ以内、100席以下の小型機では100センチ以内です。

 

飲み物や化粧品も同じ決まりで、ライターも11個まで可能です。

ただし、JALではライターは手荷物としては持ち込みできず、

ポケットに入れて持ち込むこととなっていますので、一応注意してください。

ハサミも6センチ以下で先が尖ってないようなものでしたら持ち込みが可能となっています。

ANAの国際線の機内持ち込み禁止事項に関して

ANAの国際線の機内持ち込み禁止事項に関してまとめてみました。

 機内持ち込みできる荷物の重さは10キロ以内、大きさは115センチ以内と国内線と同じですが、一片が55センチを超えるものは不可になります。小さな飛行機の場合は(乗り継ぎ含む)100センチになる場合もあるので注意が必要です。

 ナイフやハサミバットや工具等の持ち込みは当然禁止です。

 

大きく違うのが、液体物です。

すべての液体類は100ミリリットル以下の容器に入れ、

合計1リットル以下で、透明なジップロックなどの開閉式プラスチック袋一つに入れて持ち込む必要があります。

プラスチック袋の大きさは縦横合計40センチ以内です。

 

そして、手荷物検査場にて提示する必要があります。

なお、医薬品やベビーミルクなどはプラスチック製の袋に入れなくても大丈夫ですが、

薬の場合は処方箋の写しなどを必ず持っていきましょう。

提示を求められることがありますので(英語で説明できるようにしておきましょう)

なお、免税店で購入したものは持ち込みが可能ですが、

国や地域によって制限がありますので、購入の際には確認することをお勧めします。

スポンサーリンク

JALの国際線の機内持ち込み禁止事項に関して

JALの国際線の機内持ち込み禁止事項に関して調べましたが、

基本的にはANAと同じです。

これは、国土交通省と言うより世界的な決まりに従っているので、

どの航空会社も同じです。

 

荷物の重さは10キロ以内、大きさは115センチ以内と国内線と同じですが、

一片が55センチを超えるものは不可で、

液体物も1100ミリリットル以下でジッパー付きの透明ビニール袋に入れる必要があります。

ライターマッチも小型のもので1人一個までで、当然刃物やナイフ類は持ち込み不可です。

まとめ

日本の代表的な航空会社のANAとJALの機内持ち込みに

関して国内線と国際線についてまとめてみました

違いはほとんどないです。

これは法令に従っているためで、他の航空会社も同様です。

国内線と国際線で違うのは、液体物の持ち込みで、特に国際線では注意が必要です。

ここに記載してない荷物などがあるときはあらかじめ確認してください。

きちんと調べて楽しい飛行機の旅にしてください。

スポンサーリンク

おすすめの記事