猪名川花火大会は兵庫県川西市と大阪府池田市の猪名川河川敷で行われる人気の花火大会です。

今年は、2018818日 1920分〜20時20分行われる予定になっています。

 

色とりどりの花火が4000発打ち上げられますが、当然その分大変混み合ってしまいます。

そこで、猪名川花火大会の穴場と駐車場や、さらに屋台に関してまとめました。

猪名川花火大会に行こうかなと思っている人は参考にしてください。

スポンサーリンク

猪名川花火大会の穴場3選はココ!

まずは、猪名川花火大会のおすすめ穴場3つを紹介する前に説明しておくことがあります。

猪名川花火大会には、有料席がありません。

 

無料観覧席があるのですが場所取りの時間も制限されています、

その点注意してください 。

無料観覧席の第一会場は打ち上げ場所の近くですが、大変混み合います。

 

一方、第二会場、南側の猪名川大橋近く、その周辺はおすすめです。

少し離れていく感じがしますが、その分人混みも減っていきます。

実は、猪名川花火大会の公式ホームページにもオススメの場所としてか書かれています。

 

では、猪名川花火大会のおすすめ穴場3つを紹介します。

1.五月山秀望台

結構離れているのですが、なんといっても花火と夜景も一緒に楽しむことができます。

また近くにはレジャースポットもあるので、日中から訪れるのも良いかも。

ただ臨場感はありません。

2.葬祭ホール千の風 池田

:こちらも少し離れてしまいますが、ゆっくりと楽しむことができます。

地元の人に人気のスポットです。

3.伊丹・総監部東

北伊丹駅に近くて便利な所で、花火もよく見える穴場スポットです。

ただし、これらも穴場としましたが、人気が出てきています。

余裕を持って早めに行って下さい。

猪名川花火大会の駐車場は?

猪名川花火大会は会場周辺に駐車場がありませんので、

基本は公共交通機関を利用して、それから徒歩で行く行くことになります。

会場周辺は当日18時から22時までは交通規制もありますので、車はほんとに不便になります。

 

なお、電車なら、阪急の池田駅、川西能勢口駅から徒歩で10分位です(混み具合によって、もう少しかかるかも)

とは言え、いろいろな都合で車で行きたい人のために駐車場を紹介します。

 

本当に近場駐車場が困難なので、少し離れた駅に止めるのがオススメになります。

 

例えば、川西池田駅近くのアステカ川西駐車場 、タイムズ川西池田(小さい)です。

もしくは、池田駅周辺にコインパークがありますので、そちらの方でみるのも良いかもです。

早めに行って止めて、交通規制が終わるまで待機してその後帰ると言う方法もあります。

スポンサーリンク

猪名川花火大会の屋台でオススメは?

猪名川花火大会には本当に多くの屋台があります。

300店以上あると言われ、猪名川沿いの屋台は壮観です。

花火大会と言うよりは、お祭りぐらいありますよ。

屋台は、大体17時ごろ位から始まります。

たこ焼き、焼きそば、かき氷にカステラなど、加えて神戸牛ステーキや地方名物もあるかもです。

 

特に第一会場に近くには多くの屋台が出ています。

ただし、人も多く混み合っています。第二会場近くは少ないというか、無い位と思った方がいいです。

 

ですので、屋台好きの方は、早めに行って第一会場近くの屋台を楽しんで、

もしそこに席の場所がなければ第二会場に移動もオススメです。

まとめ

猪名川花火大会は2018818日に開催予定です。

例年10万人以上の人がきますので、当然、混み合います。

穴場は、第二会場(穴場と言えるかどうかわかりませんが)、周辺の高台や、広い所、は比較的空いています。

夜景と合わせて見るにはいいかもです。

 

駐車場がなく、基本的には公共交通機関を利用することになります。

早めに行って止めて遅く帰るか、少し離れた駅に止める必要があります。

屋台は、第一会場周辺には大変多くありますので楽しめますよ、その分人は多いですが。

人が多いとは言え、大阪市内の花火大会よりはマシと言えます、早めの行動で楽しんでください。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事