夏休みに海にレジャーで楽しく遊んで気がついたら

日焼けしていまい、ヒリヒリ痛いときや赤みが出てしまうときってあるあるですよね。

 

男性や子供が日傘とか絶対にありえないし、

日焼け止めを塗っても海とかプールに入ると結局は家に帰ってみるとそれとなく腕がヒリヒリほてっている感覚が!

思わず日焼けダメージを受けてしまった場合のケア方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

なぜ日焼けをするとヒリヒリするの?

日焼けはいわゆる火傷状態であるからです。

紅斑(こうはん)、サンバーンともいいます。

日に当たることにより乾燥が進み、肌の水分がどんどん奪われていきます。

水分が無くなっていくと、肌のバリア機能も低下し、肌自体が非常に敏感な状態になってしまうのです。

また、DNAが傷つけられたときに分泌されるプロスタグランジンEという物質が真皮に届き血管を広げ、

血流が増えて肌を赤くし、痛み神経を過敏にする働きもあります。

美容にとって大敵とされているメラニンは、有害な紫外線をブロックする働きがありますが、

皮膚組織でメラニンが少ない人は、普通の人よりも3~5倍ほど紫外線ダメージを受けやすいとも言われています。

スポンサーリンク

日焼け後のケア方法は?ひりひり・痛いときはどうしたら良い?

冷やす

日焼け後、ヒリヒリと痛みがあるときは、急いで冷やしましょう。

前述のとおり日焼けとは火傷状態であり、肌に炎症が起きている状態なので、冷やすことによって炎症の進行が抑えられます。

冷たすぎる氷などを使用すると、敏感になっている肌にとっては

刺激になってしまい余計ヒリヒリしてしまう恐れがあるので、濡れたタオルを肌に被せたり巻いたりするのがオススメです。

水分を補給する

 日焼けすると肌の水分が蒸発し、自覚症状はなくともお肌はカラカラの脱水状態です。

日焼けした後、なんとなく身体がだるいということ、ありませんか?

体内の水分量が下がると、体の調子が崩れてしまい怠くなったり体調に響いてきます。

また、皮膚の水分が失われてしまうと乾燥からの回復も遅れシワが進行してしまいます。

ミネラルウォーターやスポーツドリンクで素早く水分補給するようにしましょう。

日焼け止めを落とす

 海やプールに行った際、日焼け止めをしっかり塗っていても日焼けしてしまい、ヒリヒリすることも多いかと思います。

その場合、まずは日焼け止めを落としましょう。

日焼け止めはお肌への負担が大きいです。

 

弱酸性などの低刺激タイプの石鹸で優しく落としましょう。

いうまでもなく熱めのお湯も刺激になるので、ぬるま湯でシャワーを浴びましょう。

日焼け後のケア方法 ~赤みがあるとき~ 

基本的には、ヒリヒリする時、痛みがある時と同じ応急処置で大丈夫ですが、

赤みがある場合はかなりの大ダメージを受けているということなので、さらに気を付けたい部分があります。

肌が擦れにくい服装で

 赤みを伴う日焼けの場合、肌が大ダメージをうけています。

服が肌に触れる程度のちょっとした刺激もよくないので、肌触り柔らかく肌が擦れにくい、

タイトではないゆったりめの服装を心がけましょう。

水ぶくれはつぶさない

 赤くひりひりするほどの日焼けをした場合、水ぶくれができることが多いです。

水ぶくれは天然の肌保護成分でもあるので、絶対に潰さないようにしましょう。

潰れてしまうと患部がむき出しになり、治りも遅れてしまいます。

日焼け後のケア方法 ~ヒリヒリ・赤みがある時 オススメ商品~ 

資生堂 カーマインローション(N)

日焼け後専用のローション。

 

 

楽天で300円くらいで購入できます。

肌をすこやかに整える収れん作用もある化粧水です。

肌が火照っているときにおすすめです。テカリや赤ら顔にも効くようです。

エーザイ アロエベラ99 ベラリス

 オーガニックアロエベラを使用、無香料・無着色・弱酸性とこだわりの低刺激性。

アロエベラ99%と高濃度配合。

 

 

ミネラル・ビタミン類を豊富に含み、保湿効果はばっちりです。

冷やして使うと気持ちいです。

馬油

 古くから民間療法でやけどの特効薬として使われてきた馬油も、効果てきめんです。

不飽和脂肪酸を多く含み、質の良い油とされています。

水分補給をした後、うるおいを閉じ込めるのに使うと良いでしょう。

皮膚の炎症を沈める効果、殺菌効果もあり、炎症にはもってこいのアイテムです。

楽天でも気軽に購入出来ます。

まとめ

 赤み・ヒリヒリと伴う日焼けをしてしまう前に、しっかり対策することが大事ですが、

もし炎症を伴うレベルの日焼けをしてしまった場合のケアは、早ければ早いほど良いとされています。

日差しの強いレジャーへ出かける際など、タオルやアイスノン、十分な水分を常備しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事