夏休みに海やプール、レジャーと遊んで日焼けしてしまった・・・・

なるべく日焼けしないよう帽子や日焼け止めを塗ったり、

日焼け対策をしても、やっぱり日差しが強い夏は日焼けしてしまいますよね。

 

日焼けした姿を鏡で見ると確かにカッコいいと思うでしょう。

けど、それを放っておくと、将来シミやシワの原因になるかもしれません。

男性も本格的に日焼け後のケアをしてきている人は、増えてきているのではないでしょうか。

日焼けしてしまった時の、簡単なケアをご紹介致します。

スポンサーリンク

男性だって日焼けしてしまうと…?

まず、日焼けの仕組みを簡単に説明すると、

日の光には紫外線B波「UVB」紫外線A波「UVA」があります。

 

UVBが当たると、シミのもとになります。

肌細胞を守ろうとする働きが起こり、メラノサイトが活性化され、シミのもととなるメラニンを生成します。

 

そして、UVAに当たると、シワの原因となります。

UVAは真皮まで届き、ダメージが溜まるとコラーゲンやエスラチンの構造が破壊されてしまします。日焼けしてしまうと、やけどによる炎症にプラスして、シワ・しみになってしまいます。

 

男性だって日焼けでシミやシワの原因になってしまうんですね。

夏休みに日焼けした後は、しっかりとケアしないとね。

男性が日焼けした後、美白ケアやシミ対策は?

つまり日焼け後のケアというのは、肌を白くするケアというよりは、

メラニンの発生を抑えるケアと考えてもいいでしょう。

 

特定の成分の入った化粧水で応急処置

メラニンを抑える成分として化粧水にもよく配合されているのが

「ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」「プラセンタエキス」「ローズエキス」「ハトムギエキス」などです。

ただし高濃度ビタミンCは日焼け後の肌には刺激が強いので控えましょう。

 

飲む美白ケアで体の内側からアプローチ

ビタミンC(メラニン対策)・ビタミンE(代謝アップ)配合のサプリメントで体の中に直接アプローチするのもいいでしょう。

Lシステインという成分も、メラニンを排出し色素沈着を薄くしてくれる働きがあるのでオススメです。

スポンサーリンク

美白ケア化粧水

男性にオススメしたい女性が使っている美白ケア化粧水はこちら。

サエル ホワイトニングローション コンセントレート

 

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ラインの美白担当、サエル。

敏感肌専門と謳っているくらいですから、日焼け後のお肌にはもってこいだと思います。

刺激なくスッと肌に浸透し、圧倒的なの保湿力で肌を落ち着かせます。

 

有効成分として、

美白効果のあるアルブチン、

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2K

角層内部をうるおいで満たす抜群の保湿力を誇るヒト型セラミド配合です。

少しお高いですが、効果はばっちりです。

 

ファンケル ホワイトニング 化粧水Ⅱ

 

有名なファンケル。

メラニンの発生を抑えて、シミ対策保湿対策両方にアプローチしてくれる化粧水。

 

有効成分として、

シミ予防やコラーゲン生成を促すビタミンC誘導体、

消炎作用や保護作用があるヤグルマギクエキス、

肌のターンオーナーを促し角質を柔軟にする色ブドウ発酵エキス、

シミ破壊いわゆる居座りメラニンにアプローチするのメラノブライトを配合。

キャッチコピーである「シミの始まりをブロックする」という文字通りの効果が期待できそうです。

 

ファンケル ボディミルク 美白&エイジングケア

 

同じくファンケルからのボディケアラインです。

保湿・美白・エイジングケアを1本で叶える優れもの。

 

日焼けによる乾燥対策として保湿、シワ対策としてエイジングケア、メラニン対策として美白、完全に網羅した商品となっています。

トラネキサム酸によりメラニン生成を抑制します。

プチプラなので全身にたっぷり使えます。

 

メンターム サンベアーズ アローバジェル

 

誰もが知っているといっても過言ではない、ドラッグストアで買えるプチプラ日焼けケアジェルです。

天然保湿成分であるアロエベラ液汁末配合。

火傷したらアロエを塗れというほどであり、シンプルながら日焼け後のケアには最適。

 

天然成分なので小さいお子様でも安心して使えます。

余計なものが入っていないので敏感肌の方にも。肌のほてりが冷めないうちは、冷やして使うと気持ちいいです。

全身に使えるのもポイントです。

美白ケアサプリ

トランシーノ ホワイトC

 

ハイチオールC ホワイティア

 

第一三共ヘルスケアの第三医薬品です。

シミ・そばかすに効くサプリメント。

LシステインやビタミンCが高配合かつビタミンEで有効成分を体内すみずみまでいきわたらせます。

 

ハイチオールCホワイティアも同様の成分ですが、

独自技術により小型化に成功しており、錠が小さくなっていて飲みやすいです。

余談ですが、Lシステインには二日酔いになりにくい、また早く復活する作用もあるようです。

まとめ

どうでしたか?

男性でも、日焼けを放置しておくと、将来シミやシワの原因となります。

若いから大丈夫!!と過信していると40代くらいになると後悔することになります。

見た目がかっこいい!からという理由で頑張って日焼けするのはやっぱりまずいです。

 

夏の日差しはなかなか手ごわいので、逆に日焼け止めを塗って対策するくらいじゃないとまずいですね。

少し面倒ですが、自宅にサプリメントがある場合は、

少しもらって日ごろからサプリメントで内側からケア、メラニン生成を抑える化粧水でメラニンを

寄せ付けない肌にしておくのがベストだと思います。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事