子供を持つ親としては、我が子の身長が低いと心配になりますよね。

両親とも背が低いから背が高くなるとは思わないけど、低いのはやっぱりいやだと思う親御さんもいるでしょう。

子供の背が低いのは、遺伝ではなく、病気のせいかと思う親御さんもいるでしょう。

そんな親御さんのために、子供の身長が低い原因をまとめました。

参考にしてください。

スポンサーリンク

 子供の身長が低い?まずは成長曲線で確認しましょう。

まずは、子供の身長が本当に低いのか、低いならどのくらい低いのか確認しましょう。

どの程度身長が低いか調べるには、SDスコアと呼ばれるものがあり、次のサイトで確認可能です。

https://ghw.pfizer.co.jp/c_down/index.html#anc02

 

いかがでした、子供さんは、低身長でしたでしょうか。

では、次に、身長の低い原因をまとめてみました。

 子供の身長が低い原因は?

子供の身長が低い原因はどんなものがあるのでしょうか、まとめてみました。

 

①遺伝

両親の背が低いと子供も背が低い確率が高いです。

ただし、遺伝以外でも10cmぐらいは変わるのですよ。

ホルモン異常:成長ホルモンや甲状腺ホルモンの異常や不足で背が低くなります。

染色体異常:女性のみに起こります。先天的な病気ですが、治療により背を伸ばすことが可能です。

 

②骨や軟骨、または臓器の異常

さまざまな部分がさまざまな理由で起こることがあります。

 

③思春期に関する問題

思春期は最も背が伸びる時期ですが、適正な時期に思春期がやってこないことがあり、背が伸びなくなることがあります。

 

④心理的、社会的な原因

虐待など過剰な精神的なストレスが原因となり、低身長になることがあります。食事を与えない場合も、当てはまりますね。

 

⑤低出生児性低身長

生まれつき低身長の子供がいます。

スポンサーリンク

 子供の身長が低いときはどうしたらいいの?

それでは、子供の身長が低いときの対策はどうすれば良いのでしょうか。

大きく二つあります。

一つは生活の改善と、医者に相談して必要なら治療をすることです。

 

まずは、生活を改めて見直し、改善しましょう。

背を伸ばすには、「食事」、「睡眠」、「運動」が重要です。

食事の量は充分か、偏った食事をしてないか、好き嫌いがひどいとかアレルギーがあり必要な栄養がとりにくい場合は栄養剤で補うのも良いでしょう。

 

カルシウムだけでなく、タンパク質、ビタミンDなどのビタミン類、マグネシウム、亜鉛などが特に重要ですが、やはりバランスよく食べることが基本です。

 

夜更かしをして睡眠不足になってないでしょうか。

睡眠中に成長ホルモンが分泌されます、「寝る子は育つ」です。

早寝の習慣は特に大事です。

 

運動不足はもとより、肥満も背を伸ばすのに悪影響を与えます。

体を動かせば、おなかも減りますし、眠くなり早く寝る習慣もできます。

骨に刺激を与えることで適度な刺激が背を伸ばすと言われています。


また、太陽にあたることも必要です。

 これらは治療をしたとしても、必ず行うべきことです。

生活の基本ですし。

 

一方で、低身長の心配がある場合は、お医者に相談しましょう。

小児科の分泌系に相談するとよいでしょう。

低身長の原因の多くは、ホルモンバランスによります。ホルモン注射などが治療の中心となります。

 

低身長はいろいろな原因が考えられます。

まずは、「食事」、「睡眠」、「運動」がきちんとできているか、見直してみましょう。

そして、心配でしたら、お医者に相談して、必要なら治療をしましょう。

早めの対策が重要です。

背が低いのは遺伝とあきらめず、実践してみてください。

⇒子供の成長が気になる方はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

 

おすすめの記事