白石美帆 結婚 彼氏役 成宮寛貴 引退 オレンジデイズ 懐かしい 画像
出典元;http://www.excite.co.jp/

V6・長野博さんと結婚を発表した女優・白石美帆さん。

話題の白石美帆さんが「奥多摩駐在刑事4」2016年12月14日水曜日夜21:00〜放送に登場。

「奥多摩駐在刑事4」の白石美帆さんを見ていたら、妻夫木聡さん、柴咲コウさん、瑛太さんも出演した2004年4月から放送しのオレンジデイズで白石美帆さんとキスした成宮寛貴さんが懐かしいです。

この2人は対照的で白石美帆さんは結婚。そして成宮寛貴さんは芸能界引退という残念な結果になってしまいましたよね。

名作、オレンジデイズを振り返ってみようと思います。そして名曲で主題歌「Sign」と「上海ハニー」のyoutube動画もありますのでゆっくりとご覧下さい。

それでは行ってみましょう!

ドラマ「オレンジデイズ」ってどんなドラマ?

スポンサーリンク

まず、オレンジデイズについて、復習してみましょう。

オレンジデイズの脚本は北川悦吏子さん。

平均視聴率17%と大人気ドラマで2004年4月〜6月日曜夜9:00〜放送。

何と言っても主題歌Mr.Children「Sign」が最高によかったです。主題歌を聴いてこのドラマヒットするだろうなあ〜って友達と話をした記憶があります。

「Sign」はいつ聞いてもはあ〜いいなあって思います。

学園モノで青春のドラマです。僕の大好きなパターンです。

ドラマは、普通の大学4年生で櫂(妻夫木聡さん)と病気で耳が聞こえなくなった将来有望なバイオリニストだった沙絵(柴咲コウさん)とのラブストリー。大学を卒業を迎え、社会に出る若者の青春が描かれたドラマでしたよね。

挿入歌がORANGE RANGE「上海ハニー」でドラマの中で櫂と沙絵が手話で「上海ハニー」を歌うシーンとか最高でしたね。

キュンキュンでしたね。

ドラマ「オレンジデイズ」白石美帆さんの役柄

白石美帆 結婚 彼氏役 成宮寛貴 引退 オレンジデイズ 懐かしい 画像
出典元;http://blogs.yahoo.co.jp/

白石美帆さん「小沢茜役」

明青学院大学文学部日本文学部4年生なので22歳の設定でした。

白石美帆さんは1978年生れなので、当時26歳だったんですね。妻夫木聡さんは、24歳、瑛太さん22歳、成宮寛貴さんは22歳、柴咲コウさん23歳とメインキャストの中では一番年上だったんですね。当時、違和感あったような気がしたのはそのせいでしょうか。
柴咲コウさん演じる沙絵の親友。しっかり者で、沙絵おもいでいい子。

瑛太演じる敬太に想いを寄せていたが、危険な感じがする成宮寛貴さん演じる翔平に惹かれていく小沢茜役を演じてました。

ドラマ「オレンジデイズ」成宮寛貴さんの役柄

スポンサーリンク

成宮寛貴さん「相田翔平役」

明青学院大学文学部美学美術史学科4年生。妻夫木聡さんは演じる櫂の同級生。女性関係が派手だけど、腹違いの妹あゆみ(上野樹里さん)と二人暮らしという、どこかで聞いたことがあるような設定です。

成宮寛貴さんは弟をアルバイトしながら学費を稼ぎ、大学に通わせたというのは有名な話です。

実際の成宮寛貴さんに近い存在をイメージして役柄を作ったんでしょうかね。

ドラマ「オレンジデイズ」白石美帆さんと成宮寛貴さん画像をどうぞ。

白石美帆 結婚 彼氏役 成宮寛貴 引退 オレンジデイズ 懐かしい 画像
出典元;http://harutohosi.hatenablog.com/

二人仲良くデート画面?微妙な距離感が二人の関係を作ってますね。

白石美帆 結婚 彼氏役 成宮寛貴 引退 オレンジデイズ 懐かしい 画像
出典元;http://ameblo.jp/

卒業式です。めっちゃ喜ぶ成宮寛貴さん、そして白石美帆さん。

ドラマ「オレンジデイズ」白石美帆さんと成宮寛貴さんの名場面は?

 

オレンジレンジの上海ハニーです。

そしてMr.Childrenの「Sign」です。

 

白石美帆さんはと成宮寛貴さんの二人の名場面はここだと思います。

茜(白石美帆さん)とキスをしてしまった翔平(成宮寛貴さん)が「このまま昨日のことは、酔った勢い、ただの冗談にしてしちゃうと……これから俺たちはどんどん大人になっちゃうんだよ。どんどん、どんどん汚い大人になっちゃうんだよ。」と言い放つ。

このセリフ。

なんだかなあ〜って思うセリフです。

このセリフのようにどんどん汚い大人になってしまったのか?

汚い大人になっていないという潔白を証明して欲しかったし、堂々としていてほしかったです。

オレンジデイズのように数々の名作に出演し再放送も楽しみにしているドラマも多いです。

自分の事をアレだけ世間に出されたのはショックだったと思いますが、芸能界という業界に入れば仕方がなかった事。

スポンサーリンク